自分が思っている転職を良い良くするための3ポイント

自分が思っている転職を良い良くするための3ポイント

その転職は妥当であるか

 

 まず、なぜ転職をしようと思いつきその状態になったことを、もう一度考えてみましょう。何かトラブルを抱えているのなら、それは本当に解決することや回避することはできないのか、同じ会社において希望をだせば違う仕事をさせてもらえないかなどを考えて、安易に隣の青い芝生に行かないでください。

 

 隣に芝生が青く見えて、実際に転職してもまだ青々としていても、どこかでまた芝が枯れてしまうこともあります。なぜ転職するのか、今の会社ではできないことは本当にあるのかを再検討してください。

 

辞める前に転職先を決定する

 

 求人の有効倍率が上がってきっと言っても、一時的なものかもしれません。また自分のやりたい仕事にはそもそも求人がないかもしれません。年齢制限があるかもしれません。

 

 転職を思い立ち、思い立ったら即行動ということをしたがために、その後なかなか雇い先が見つからずに悪戦苦闘している方は意外とたくさんいるものです。あなたは、そうならないように、今行っている仕事に従事しながら、体力的にも精神的にも「きつい」かもしれませんが、転職先が確実に決まるまでは今の仕事を辞めないようにしましょう。

 

立つ鳥跡をにごさず

 

 無事転職先が決まったからと言って、今の仕事を「ポイ」と投げてしまうほど、あなたはやめる職場では仕事をしてこなかったのでしょうか。そうではないはずです。どんな人も必ずやりかけの仕事はあるはずだし、勤めてきた中で勝ち得たもので引き継がなければならないことは、落ち着いて考えれば結構あるはずです。どこで、元の同僚となる今の職場の方と再び縁があるかは分かりません。全てやることをやって、気持ちよく退職しましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ