いざ、面接。最後に気を付けるべきこと

いざ、面接。最後に気を付けるべきこと

希望の仕事に就くために、履歴書を作成し、いざ面接へ。

 

転職組のみなさんはどのようなファッションで面接会場に向かいますか?転職する方の多くはある一定の社会人経験を積んが方が多いと思いますがやはり、大道のリクルートスーツ?

 

もちろんそれも間違いではありませんがここはひとつ、希望業種によってさまざまですが常識の範囲内でファッションも自己アピールしてみてはいかがでしょうか?

 

たとえば金融、行政系の場合は王道の誠実さと清潔感があふれるネイビーのリクルートスーツがおすすめですが、高価なものではないにしても必ず靴はピカピカに磨くこと。簡単な靴磨きクリーナーでもいいけれど、やはり靴墨をつけてしっかり磨き上げると全体がきっちり、パリッとした印象になります。末端まで気を配れるイメージです。

 

反対にマスコミ、情報系はどうでしょうか?こちらならやはり時代の最先端を走り、発信源となる仕事。少しだけタイトめのラインのきれいなスーツと、派手ではない程度、ネクタイやカフスなどに個性的なものを取り入れて「おっ、よく見ると・・」という隠れオシャレな印象を与えることも大切だと思います。この職業はセンスが大事です。もし、営業職ならなおのこと。自社のイメージをこの人に任せたいと思わせる印象が必要です。

 

職種によって難しいところもありますが、事前にその会社の企業カラーというのをリサーチしてより、プラスなイメージ作り面接に向かう。そんな最後のプラスポイントでより内定を近づけましょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ