転職のための職務経歴書を書き進める際の注意点

転職のための職務経歴書を書き進める際の注意点

転職活動の面接において、職務経歴書を提出する事が普通であるが、注意するべき点として自分の職務に関して詳しく書き過ぎてしまわない事が重要です。確かに採用担当者のためのアピールとして、詳しく書きたいという気持ちは分かるが、結論として重要な点がぼやけてしまうケースが多いです。

 

面接においても、採用担当者が一通り応募者の職務経歴書を見渡すが、採用担当者にアピールするべき点に関しては、採用担当者にとってイメージがつく論点を書ければよいのです。採用担当者にイメージがつく論点以外の箇所に関しては、簡潔に記したり、余計な事をあえて書かない方が逆に職務経歴書のイメージが良くなる場合もあります。

 

大切な事は、職務経歴書を自分の実績をアピールするための書式にすることであるが、希望企業で経験を生かすことを面接で具体的に話を展開させる事が重要です。

 

職務経歴書を面接で提出する際の様式に関しては、手書きやワープロでも良いが、実際の職務経歴と異なる職務を記載すると、書いてある職務を聞かれた際に具体的なことをアピールする事にはならないので、あくまでも実際の職務の経歴を記載する事が重要なことです。また、ワープロの文字で印刷する前には、脱字や誤字などをしっかりと最初から確認して、必ず脱字や誤字のない状態で印刷して、職務経歴書として面接の場で提出する事が原則です。



ホーム RSS購読 サイトマップ