転職活動の際の自己紹介

転職活動の際の自己紹介

応募先で採用担当者と面談をしたり、面接で必ず求められるのが自己紹介です。基本的にはアピールの場として、採用担当者にアピールするために自分の特徴や自分のもっている力をアピールします。面談で自分をアピールする際の注意点としては、多くの物事を取り込んで、雑談のようにだらだらと話をしているだけではアピールの論点から外れてしまって、採用担当者に飽きさせてしまいます。

 

逆に普通によくある自己紹介であっさりと自己紹介が終了してしまうと、アピールとして採用担当者の印象に残らないです。つまり、自己紹介の上手さが重要視されているのではなくて、自分という人物が理解できて、自己分析がきちんとできているかどうかが重要です。そして、自分という特徴的な性格を会社で仕事を展開して行く点において、どんなメリットを醸し出せるのかを採用担当者は伺っています。

 

従って、具体的な自分のエピソードを踏まえて、これまでの経験において自分ができる点をしっかりと転職活動を始める事前から見つけ出しておく必要があります。例えば、自分という人物が温和であるとしたら、温和であることの証明になる具体的なエピソードを踏まえて、温和である性格を持っているというアピールの仕方が良いです。積極的であると感じているならば、様々な自分のエピソードの中でも図太い場面を一つでもいいので、人間的な大きさのエピソードをアピールします。



ホーム RSS購読 サイトマップ