全く異なる職種への転職

全く異なる職種への転職

私は以前に全く異なる職種の会社へ転勤することにより、自分の人生経験を豊かにすることができました。以前は建設現場で作業服と腰袋を身に着けて、いわゆるブルーカラーの肉体労働の仕事をしていました。グループのリーダーになる程度に経験は積んでいましたし、建設現場の環境や収入や同僚との関係も満足しており、大好きな仕事でした。とはいえ、ずっと一つの仕事で経験を積み安定した人生を送るのも立派ですが、短い人生なので若いうちに色々な仕事を経験するのも大切だと考えていました。

 

それで全く異なる分野のホワイトカラーの仕事に転職したいと考え始めました。いくつかの面接に行きましたが、生命保険会社の事務職として採用が決まりました。今度は毎日ネクタイとスーツを身に着けて満員電車に乗って通勤し、夜は残業するという生活が始まりました。職場環境は事務所できれいで衛生的でしたし、女性が多い職場で接客をすることも多くなりました。それで特に人と接する時のビジネスマナーや清潔さに注意を払うように気をつけました。

 

全く異なる職種へ転勤してみて、最初は慣れなくて戸惑うことも多くありましたが、今では人生経験が豊かになったと感じています。収入は同じでも職場が変われば、人生や生活習慣全体が変化していきます。転職を考えておられるようでしたら、慣れて経験のある分野もいいですが、新しい分野で一から学びなおすのも豊かな人生を送る上で役立つのではないかと思います。



ホーム RSS購読 サイトマップ